最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

アルツハイマーの進行抑制に有効な治療法をご紹介します

アルツハイマーは早期発見・治療がカギ!

アルツハイマーを完全に治療できる方法はまだ確立されていません。

日本では60歳以上の高齢者の10人にひとりが認知症を発症し、その65%の人がアルツハイマー病型認知症であると言われています。

アルツハイマーは誰もがかかり得る病気と言っても過言ではないのです。

現在、アルツハイマーそのものを治すことはできませんが、早期発見により進行を遅らせることはできます

病状に対する正しい知識を身に付け、定期的に検診を受けるようにしましょう。

2011年に新薬が承認され、治療の選択肢が拡大

日本では、1999年にアリセプトというアルツハイマー治療薬が承認されて以来、この1種類の治療薬のみが使われてきました。

ところが、2011年にメマリー、レミニール、リバスチグミン貼布剤の3種類の新薬が認可されたことで、治療の選択肢が広がったのです。

軽度の症状に効くレミニール、軽度から重度まで幅広くカバーするアリセプト、重度の症状に有効とされるメマリー、パッチ型で簡単に効果が得られるリバスチグミンなど、症状に適した薬を服用することで、進行抑制効果がより期待できるようになってきました。

健康食品など、民間療法の効果にも注目!

今のところ、アルツハイマーの有効な治療法は薬物治療です。

医療現場などでは、アルツハイマーの進行抑制に役立つリハビリテーションとして、回想法、音楽療法、芸術療法、運動療法を取り入れています。

一方、食生活の改善や健康食品などによる民間療法の中にも効果が報告されているものがあります。

特に、脳の働きに良い影響を与えるとして、最近注目が集まっているのが「水素」です。

水素は、元素のなかでも一番小さく、体のあらゆるところに行き渡って、細胞をサビつかせる活性酸素を中和する働きを持っています。

アルツハイマーは老化や酸化ストレスにより脳細胞が死滅し、脳が委縮して発症すると言われていますが、水素の働きによってこの脳細胞のダメージを最小限に抑制する効果が期待できます。

しかも、水素は活性酸素と反応すると水にしかならないので、全くの無害。身体にも安心です。

水素はサプリメントや水素水など、手軽に取り入れることができます。

水素の詳しい効果はこちらをチェック!

※このサイトは個人が調査した情報をもとに作成しています。

 
最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド