最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

アルツハイマーの進行抑制に有効な治療法をご紹介します

HOME » アルツハイマー型認知症とは、どんな病気? » 原因と症状

原因と症状

 アルツハイマーの原因と症状について、詳しく説明しています。

アルツハイマーの原因と認知症との違い

日本では現在、60歳以上の高齢者の10人にひとりが認知症を発症し、その65%の人がアルツハイマー病型認知症であると言われています。

認知症は物忘れや年のせいだと思われがちですが、加齢による単なる物忘れではなく病気です

また、認知症とアルツハイマーは同じ病気だと思っている方も多いのですが、性質が異なります。

認知症を引き起こす原因となる病気の一つがアルツハイマーなので、「アルツハイマー型認知症」と呼ばれています。

認知症

後天的な脳障害によって、生活に支障をきたす状態で意識はしっかりしている。

軽度の場合は、治療のほかにリハビリを行うことで改善できるケースがある。

アルツハイマー型認知症

脳の委縮により記憶力や認知機能が低下する症状で、本人に脳機能が低下している意識がない。

アルツハイマーの原因は今の医学では完全に解明することはできず、いくつかの説があります。ここでは2つの有力説を取り上げます。

  • βアミロイドの蓄積説
    最も有力な説です。タンパク質の一種であるβアミロイドという物質が脳内に蓄積することで、脳の神経細胞が死滅し、脳が委縮することで発病すると言われています。
    加齢に伴ってβアミロイドを分解する力が衰えるため、残ったβアミロイドが蓄積されてしまうようです。
  • 遺伝説
    別名、「家族性アルツハイマー」とも言います。
    アルツハイマーは60歳以降に発症するケースが多いのですが、ごくまれに若い人でも発症します。
    30~40歳で発症する若年性のアルツハイマーは、遺伝子が関係していると考えられています。

ほかにも、活性酸素、アルミニウム、神経原線維変化、神経伝達物質の異常によるものなど、さまざまな説が考えられています。

原因が特定できないということは、誰にでも発病する可能性があるということ。

初期症状を見逃さず、早期に治療することが大切です

アルツハイマーの症状

症状には「中核症状」「周辺症状」があります。

中核症状は、アルツハイマーと診断された人すべてに見られる症状で、初めに記憶障害が見られ、一人で着替えができなくなったり、会話がかみ合わなくなるなど、日常生活に支障が出るようになります。

人によって、あらわれる場合とあらわれない場合があるのが「周辺症状」です。

個人差がありますが、主な症状として、幻覚、妄想、抑うつ、徘徊、暴力、失禁などが挙げられます。

アルツハイマ病を診断する上で重要となるのは中核症状ですが、介護する上で大きな問題となるのが周辺症状です

一般的に、初期(発症から1~3年)は記憶力の低下といった中核症状が出始め、中期(発症から4~7年)くらいになると周辺症状が悪化することが多いです。

 
最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド