最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

アルツハイマーの進行抑制に有効な治療法をご紹介します

HOME » アルツハイマーの進行抑制に効果がある成分

アルツハイマーの進行抑制に効果がある成分

日常生活で取り入れられる、アルツハイマーの進行抑制に効果のある成分を説明しています。

アルツハイマーの進行抑制におすすめの成分

アルツハイマーの治療は薬が一般的ですが、脳に良い成分を食事やサプリメントから摂取することで進行を抑制することも期待できます。

※それぞれのページに詳しい効果や実験結果などを掲載していますので、そちらもお読みください。

  • 水素
    細胞をさびつかせる活性酸素を水素で中和することで、脳細胞のダメージを最低限に抑制します。脳幹を通り、活性酸素を除去する効果を持つ唯一の成分です。
     
  • イチョウ葉エキス
    アルツハイマーの原因のひとつと言われるβアミロイドの蓄積を防ぎ、脳血管を酸化から守る働きがあります。
     
  • フェルラ酸
    米ぬかに含まれる天然のポリフェノール。βアミロイドの蓄積を防ぎ、傷んだ脳細胞を修復する働きを持っています。
     
  • DHA
    サバやイワシなどの青魚に含まれる成分。βアミロイドを減少させる効果があります。
     
  • ウコン
    ウコンに含まれるクルクミンという成分が、βアミロイドの蓄積を防ぎます。
     
  • 葉酸・ビタミンB群
    アルツハイマーの危険因子とされるホモシスチンの血中脳度を下げる働きがあります。
     
  • ココナツオイル
    ココナツオイルの中鎖脂肪酸が脳細胞のエネルギー源となり、認知障害の進行を防ぎます。
 
最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド