最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

アルツハイマーの進行抑制に有効な治療法をご紹介します

HOME » アルツハイマーの進行抑制に効果がある成分 » 水素

水素

細胞老化の原因、活性酸素を中和する働きをもつ「水素」の効果について説明しています。

水素が持つ驚くべき効果とは?

近年、さまざまな健康効果が注目されている水素。

実は、その有用性が研究結果として発表されているのをご存知でしょうか?

脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、ガンなど、あらゆる病気の原因となったり、老化を促すことで知られる「活性酸素」。

水素はこの活性酸素を消去する「抗酸化力」に優れ、体に必要な酸化力の弱い活性酸素には反応しないで、細胞や遺伝子を攻撃する酸化力が強い悪玉活性酸素を選んで消去します。

人間が発見した元素でもっとも小さい水素は、体のあらゆるところに行き渡り、細胞を老化させる活性酸素をやっつけてくれるのです。

水素を摂取することによって、酸化してドロドロになった血管をくぐりぬけ、脳細胞の損傷の防止に役立つことが分かってきました。

日本医大大学院 太田成男教授のマウスを用いた実験結果

日本医大の太田教授らが、科学誌「ニューロサイコファーマコロジー電子版」に発表した内容によると、狭い空間にマウスを閉じ込め、餌を与えないなどのストレスを加えたうえで、水素水と通常の水を飲ませた場合で、記憶力がどのくらい違うか、6週間に渡って、3つの方法で10匹ずつ比較。

その結果、いずれの場合も水素水を飲ませたマウスの方が記憶力が高く、ストレスのないマウスとほぼ同程度、記憶をつかさどる海馬の神経幹細胞の繁殖能力も同様の傾向だったそうです。

以上の実験から、水素水によって、記憶力(認知機能)の低下を抑制できると結論づけています。

すでに死滅した脳細胞の組織が蘇るかはまだ研究段階ですが、脳内環境を整えるという意味では、水素水は非常に有効だと言えます。

おすすめの水素水

抗酸化力に優れる水素水は、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

そのため、近年はサーバータイプやパウチ型などさまざまな水素水が発売されるようになりました。

実は、市販されている水素水商品は水素濃度が低いものもあるため、購入の際には注意が必要です。

クリスタル水素水商品画像

私のおすすめは、手軽に摂取できて、水素濃度も高く飲みやすい 新日本水素「クリスタル水素水」9,980円(税込:500ml×30本)。

パウチ型の水素水はサーバータイプに比べて値段が手頃な反面、水素の濃度が低いと言われていましたが、クリスタル水素水は1.23ppmという高い水素濃度を実現

ナノレベルの還元力と浸透力を持つ水素水だから、より高い効果が期待できます。日本名水100選に選ばれた熊本の菊池水源の水を使った天然水で味も美味しいです。

 
最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド