最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

アルツハイマーの進行抑制に有効な治療法をご紹介します

HOME » アルツハイマーの治療方法【薬物治療編】

アルツハイマーの治療方法【薬物治療編】

 日本国内でアルツハイマーの治療に使用されている薬の特長を紹介しています。

日本が認可するアルツハイマー治療薬は4種類

これまで、日本でのアルツハイマー治療薬は、1999年に発売されたアリセプトのみでしたが、2011年に新しい薬理作用を持つ3種類の薬が認可されました

メマリー、レミニール、リバスチグミン貼布剤です。それぞれ、作用機序、効果、副作用、利便性が異なるため、治療の選択肢が増えたということになります。

ここでは、簡単に4種類の薬の効果や副作用を紹介します。詳しい解説は、個々のページに書いてあるので是非、参考にしてください。

  • アリセプト  (一般名:ドネべジル)
    アルツハイマー治療の代表的な治療薬。
    脳内神経伝達物質アセチルコリンを増やす作用があり、進行度が中等度までの場合は発症を数ヶ月~1年前の状態まで回復できることがあります。
  • レミニール  (一般名:ガランタミン)
    脳内神経伝達物質アセチルコリンを増やし、神経の働きを高める作用があります。
    軽度~中等度までの症状抑制効果があるという報告があります。
     
  • メマリー  (一般名:メマンチン)
    4種類の治療薬のなかで唯一、作用が異なる薬。過剰な脳内神経伝達物質グルタミン酸を抑え、神経を保護します。
    中等度~高度までの重度な症状に有効です。
     
  • イクセロンパッチ/リバスタッチパッチ (一般名:リバスチグミン)
    唯一のパッチ剤。アセチルコリンエステラーゼという酵素の働きを妨害し、脳内神経伝達物質アセチルコリンを増やす作用があります。
    軽度~中等度までの症状に有効です。

 

 
最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド