最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

アルツハイマーの進行抑制に有効な治療法をご紹介します

HOME » アルツハイマーの治療方法【薬物治療編】 » メマリー (一般名:メマンチン)

メマリー (一般名:メマンチン)

アルツハイマーの治療薬「メマリー」の作用や効果・副作用について説明しています。

アルツハイマーの標準的な治療薬「メマリー」の効果

メマリーは、2011年に発売されたアルツハイマーの治療薬

脳で生じているグルタミン酸による「NMDA受容体の活性化」を抑えることで、アルツハイマーの原因とされる神経細胞の障害を抑える薬です。

従来から使われてきたアルツハイマー治療薬とは作用と効き方が異なります。

最大の特長は、重度のアルツハイマーに有効だということ。

物忘れの進行を抑制する効果があるほか、興奮、攻撃性、夜間の異常行動などの行動障害の治療や予防にも効果的

アルツハイマーの患者さんを介護するうえで大きな負担となる異常行動を防ぐことで、介護する側の負担軽減も期待できます。

さらにメマリーは、アリセプトとの併用が可能。中程度~高度のアルツハイマーの患者さんにメマリーとアリセプトを併用したところ、アリセプト単体よりも認知機能の悪化を防ぐことができたという報告もあるそうです。

薬の形状は、錠剤のみです。

「メマリー」(メランチン)の副作用

心臓疾患・パーキンソン病といった持病がある方、消化器系の異持を持っているという方は薬の服用に注意してください。腎臓の悪い日とは薬の排泄が遅れがちになります。用量を調整する必要もあるため、医師に報告しておきましょう。

メマリー (ガランタミン)との併用に注意が必要な薬 ・レボドパ製剤(ドパゾール、ドパストン、メネシット、 ネオドパストン、イーシー・ドパールなど)
・ヒドロクロロチアジド(プレミネント、エカード、 ミコンビ)
・シメチジン(タガメット)
・アマンタジン(シンメトレル)
・デキストロメトルファン(メジコン)等

重篤な副作用には、けいれん、ふるえ、硬直、めまい、意識喪失、攻撃的な行動などが報告されています

そのほか、めまい、頭痛、眠気、便秘、食欲不振、血圧上昇などの副作用が予想されます。

 
最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド