最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

アルツハイマーの進行抑制に有効な治療法をご紹介します

HOME » アルツハイマーの治療方法【薬物治療編】 » レミニール (一般名:ガランタミン)

レミニール (一般名:ガランタミン)

アルツハイマーの治療薬「レミニール」の作用や効果・副作用について説明しています。

アルツハイマーの標準的な治療薬「レミニール」の効果

レミニールは、2011年に発売されたアルツハイマー型認知症の治療薬

アルツハイマーになると、脳内にあるアセチルコリンという神経伝達物質が不足しがちになり、記憶力や思考力を低下させてしまい、物忘れがひどくなります。

そのため、アルツハイマーの進行を和らげるにはアセチルコリンの分解を食い止めなくてはなりません。

レミニールは、アセチルコリンを分解するアセチルコリンエステラーゼという酵素の働きを弱め、さらに、神経の働きを高める作用があります。

この2つの作用が、物忘れ、時間や場所の認識障害、判断力の低下などの症状の進行を遅らせます

レミニールの有効率は、初期~中程度までなら20~30%。中程度の症状の場合は、進行抑制効果がアリセプトよりも若干優れているという報告もあり、症状を数か月~1年ほど前の状態まで改善できる場合もあります

ただし、進行抑制効果はあるものの、あくまで対症療法薬なので、病気の進行を食い止めることは期待できません。薬の服用をやめたら飲み始める前と同じ状態まで急速に悪化する恐れもあります。

薬の形状は、錠剤のほかに水なしで飲めるOD錠、高齢者の人に飲みやすい内容液の3タイプがあります。

「レミニール」(ガランタミン)の副作用

薬を使ってかゆみ発疹などのアレルギー症状が出たことがある、心臓疾患、消化器系の潰瘍がある、パーキンソン病、消化管や膀胱の手術直後である、気管支喘息や転換などの持病を持っているという方は、薬の服用に注意してください。

レミニール (ガランタミン)との併用に注意が必要な薬 ・胃薬(ベサコリン、アボビス、アトロピン、ブスコパン)
・抗コリン性パーキンソン病治療薬(アーテン等)
・抗うつ薬(トリプタノール、ルボックス、デプロメール、パキシル等)
・抗真菌薬のイトラコナゾール(イトリゾール等)
・抗生物質のクラリスロマイシン(クラリス、 クラリシッド等)
・エリスロマイシン(エリスロシン等)

副作用として多いのが、吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢などの消化器系トラブル

頭痛、眠気、めまい、意識障害を起こすことがあります。これらの症状があらわれた場合は使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

 
最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド