最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

アルツハイマーの進行抑制に有効な治療法をご紹介します

HOME » アルツハイマーの治療方法【リハビリテーション編】 » 回想法

回想法

アルツハイマーの治療に用いられる回想法のやり方と効果について説明しています。

アメリカの精神科医が考案した治療法

回想法は、アメリカの精神科医ロバート・バトラー氏が考案した心理療法。

過去の出来事を思い出して語るという治療法で、なじみのある写真や思い出の品を身の回りに置き、懐かしい思い出を語ったり、誰かに話したりすることで脳の活性化を促すとともに、安心感を与えるという目的があります

主に、高齢の認知症患者が対象で、治療者は本人の生い立ちや思い出を受け入れ、共感する姿勢で話を聞きます。

それまでは、過去を振り返る行為は現実逃避になり、治療の妨げになるという考えが主流でしたが、実際に効果があると分かり、今では高齢の認知症への効果が広く知られるようになりました。

回想法は主に2つの方法があります。

個人回想法

個人に対してマンツーマンで行うものです。

テーマとしては、「子供時代」や「ふるさと」、「結婚」「出産」「子育て」、「仕事」「定年」、「今」「これから」などのライフステージを示すキーワードを用意して、自由に話してもらうという方法です。

使っていたものや本、映像や音楽など、五感を刺激するものを用いるケースもあります。

グループ回想法

集団で行う治療法。こちらが一般的です。

この治療法の最大のメリットは、老年期に人生を振り返り、自分の人生を評価することで自尊心の向上に繋がるということです。

認知障害や記憶障害がある人に対しては、記憶を呼び起こすきっかけにもなります。古い記憶は残っていることが多いため、次々と話が出てくるケースも少なくありません。

なにより、本人が楽しめる治療法なので積極的に取り入れると良いでしょう。

回想法は、クリニックやカウンセリングセンター、グループホームなどで行われるのが一般的ですが、地域の活動や交流の一環として取り入れられることもあります。

臨床心理士や精神科医、カウンセラーが治療を進めていきます。

 
最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド